TOP > 排尿トラブルQ&A 男性編:前立腺肥大症と尿トラブル


  • お値打ちキャンペーン
  • 新規会員登録はこちらから!

規格サイズ外商品も承ります

  • 特注サイズ
  • おまとめ注文
  • カタログダウンロード
  • カタログ申し込みフォーム
  • 排尿トラブルQ&A
ご利用ガイド
はじめての方へ
 
 

カレンダー

2018年8月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

※赤字は休業日です

排尿トラブルQ&A 男性編:尿トラブル

男性の失禁、尿漏れの原因説明と対策を記載しました。

男性の尿漏れの原因は?

誰にもいえない悩みである尿漏れ、男性にも40歳以上だと8人に1人以上が尿に関する悩みを持っているようです。
では尿漏れはどうして起こってしまうのか?大きくわけて2つの原因があるとされています。 一つは過活動膀胱、トイレが近い頻尿、不意に尿意に襲われる、またトイレまで我慢できずにもらしてしまうなどの症状が起こってしまいます。
原因は膀胱の排尿筋が萎縮し、尿自体を少ししか溜められなくなってしまっているためで、排尿筋をリラックスさせる必要があります。
もう一つが加齢による前立腺肥大、こちらは60歳以上からの男性に多い原因だといわれています。
尿漏れと尿失禁は別物ではありますが、両方とも関わる器官が同じで、また誰にもいえない恥ずかしい悩みとされており、命に別状はなくても生活に支障をきたすには十分なレベルです。
トイレが近いだけならば笑い話ですみますが、尿漏れとなると笑って済ますことが出来ない人がほとんどでしょう。
相談しにいくにしても、病気とはいえないので行くのに躊躇する人もおられると思います。
骨盤底筋体操などを指導してらえますが、そのセルフケアと同時にケア用品として選ばれているのが尿漏れパッドや尿漏れパンツとなっています。
この尿漏れは加齢と共に誰でも起こる可能性があるものなので、けして珍しいものではありません。
しかしその尿漏れ自体羞恥心を覚えてしまうものなので、このように自分だけでも対処できるケア用品などで日常生活をカバーする方が多いのです。
同時に体操などを行って、それで尿漏れを防げる身体つくりをするのは必要ではありますが、それでも対処できない方にとって必要不可欠の存在であるといえるでしょう。
原因が見えているものの、加齢などが原因のものはそうそう防ぎきることはできません。
女性によくある悩みですが、男性にも十分に尿漏れの可能性はありますの、これらケア用品の使用をおすすめいたします。
オムツなどを頼る必要もなく、比較的抵抗なく利用できるでしょう。

加齢で誰しも起こりうる

尿漏れはけして重篤な病気などから起こりうるものではなく、加齢による膀胱の衰えや前立腺肥大によって誰でもおこるものとなっています。
泌尿器科を受診する方も多いですが基本病気ではありませんので、セルフケアやケア用品の利用をおすすめされることがほとんどでしょう。
対症療法はもちろんあり、やはり排尿に関する筋肉を鍛える体操を行うのが重要です。
やはり加齢によって筋肉も衰えてしまいますので、排尿に関する筋肉も自然と衰えを見せてしまいます。
なので、なかなか続けるのは難しいかもしれませんが、体操などで排尿筋などを正常な状態に戻すのが大切となってきます。
また食生活にも対処方法はあり、男性が好みやすいお酒やコーヒーの摂取を控えるなどがおもな対処となってきます。
加齢と共に誰でも起こりうるとしても恥ずかしいことには変わりはありませんし、初めて尿漏れを経験したときはショックを受けてしまうものです。
ですが、無理にそのままの生活を送ろうとするのではなく、セルフケアやケア用品に助けてもらいながら尿漏れと上手く付き合うようにしたほうが日常生活も快適に過ごすことができるでしょう。
ケア用品に頼りながら骨盤周りの筋肉を鍛えるように、またはアルコールなどを控えてむくみが出来にくくするなどの意識をしていくと、段々尿漏れは緩和できるものだとされています。
解決策への近道は日常生活の見直しとなっていますので、解決へ向かう間のサポートとして尿漏れパットを利用し、その上で骨盤底筋体操を行い、尿漏れの解決を目指しましょう。
付き合おうと思えば上手く付き合っていくことも出来る悩みではありますが、悩みはないほうが断然いいものです。
加齢によって体の衰えは誰しも起こりうることではありますが、尿漏れはご本人が一番ショックを受けることなので、できるだけないようにしておきたいです。
命に別状がない分、個人のケアで解決を目指すことは十分に可能ともいえるでしょう。

骨盤底筋を鍛える

尿漏れは排尿後尿滴下というもので、排尿をした後に尿道内に残っていた尿が後で出てきてしまうなどの症状です。
そのため尿漏れに有効なのが、尿を押し出す力を鍛えるというもので、骨盤底筋を鍛えるとこの尿を押し出す力がアップして尿漏れを改善できるようになります。
やり方はお風呂で肛門に軽く指を添えてギュッと締めたり、また排尿の途中で尿を止めてみるなどがあります。
排尿の途中で尿を止めるのは、あくまで骨盤底筋の締まりを確認するためのものなので、頻繁にすることはおすすめできませんが、一種目安となりますのでたまに確認してみるのをおすすめいたします。
他にも膀胱訓練といって、尿意を感じたときにすぐにトイレにいくのではなく尿道を締めて尿意を我慢する訓練も同時に行うと効果的です。
ですが、これら体操を行っても一朝一夕では尿漏れは改善されません。
継続して行っている間に何度も尿漏れを体験してしまうようでしたら、おちおち外出も楽しめません。
なので、訓練を開始したときのおともとして、同時にケア用品も利用し、無理なく継続してこれら体操や訓練を行うようにしましょう。
もちろんそれらケア用品を使わずに、尿漏れもない状態が一番いいのですが、実際そういうわけにはいかず悩むもの。 とはいえ筋力を鍛える間、ずっと尿漏れの不安と戦うわけにもいきません。
40代くらいから増える尿漏れ、まだ現役で仕事をされている方がほとんどですし、トイレにいきたくてもすぐいけない場合もあります。
尿漏れを体験されているかたも仕事中に尿漏れを感じてしまうというのはこの上ない恥ずかしいことと感じるでしょう。 尿漏れで最も恥ずかしいのは他者にばれてしまうことです。
それを防ぐ為にも臭い対策もしっかり施された尿漏れ対応パンツは販売されています。
頻繁に尿漏れを起こしてしまう場合でも、臭いの処置が徹底して施されている重度尿漏れ対応パンツもありますので、周りに感づかれることなく仕事に集中できるでしょう。

お酒などは控えめに

男性にとって、会社が終わった後のビールなどは生活において欠かせないものとなっています。
また勤務中の一息としてコーヒーなども手放せない存在でしょう。
しかし、両方とも利尿作用および、むくみなどを起こしてしまうものなので、過剰な摂取は尿漏れを意識しだしているならば控えなければなりません。
特にお酒好きな方にとってはかなり厳しい制限かと思いますが、生活習慣の見直しも尿漏れを改善する上で必要なことなので、もしお酒をたくさん飲んでしまうなどの習慣があれば、量を減らすなど努力する必要も出て来ます。
とはいえ、男性の尿漏れは尿道内に尿が残ってしまって起こるものなので、排尿する為の筋肉をつけるというのが有効となります。
摂生、体操、両方行うことが出来れば一番ですが、どうしてもお酒は切っても切れない存在であれば、骨盤底筋を鍛える体操や、頻繁に行うことは膀胱炎などの可能性がでてしまうのでおすすめはできませんが尿意を少し我慢してみるトレーニングなどを行うのをおすすめいたします。
働く男性にとって、飲みの席はどうしても必要となります。
会社での飲み会、また接待などお酒を飲まなくてはならない場合が多く、シーズンによってはほぼ毎週飲み会など当たり前の様に起こることも。
尿漏れを気にしているとどうしてもそれらの席で安心してお酒を味わうことができなくなってしまいますね。
お酒を一切辞める必要は、ドクターストップがかからない限りありませんが、お酒の量を減らしてみる、骨盤庭筋を鍛えるなどで改善できますので、意識してみてください。
なかなかそれらが難しい場合は、尿漏れ対応パンツなどでしっかりカバーし、尿漏れとうまく付き合えるようにしていきましょう。
尿漏れ一つで行動範囲が狭くなってしまうのはとても人生においてもったいないことなので、出来る改善策を選択し、意識していくようにしてみてください。
病気ではないので、自分で解決することは十分に可能です。

しっかり尿を搾り出す

男性の尿漏れは女性のように膀胱の尿が腹圧などで押し出されて起こるものというわけではなく、基本尿道内に尿が残ってしまいそれが漏れ出してしまうものです。
しっかり振るなどの手段をとる男性も多いですが、基本尿漏れの尿は陰茎内にたまるものではなく、肛門の前方、陰嚢の後ろの部分の尿道であり、そこから尿をしっかり押し出す必要があります。
泌尿器科の医師の推奨している方法として、陰嚢の後ろからしっかり指を当てて搾り出すようにすると、尿道内の尿がしっかり排出されるといわれています。
実際泌尿器科の医師も実践し、尿漏れに悩む患者へのアドバイスにもなっていますので、用を足した後尿漏れが気になる方は是非実践してみてください。
軽度の尿漏れである「排尿後尿滴下」はこの一手間だけでも十分に改善されるものなので、対症療法として有効な手段です。
根本的な治療法というものが特になく、基本対症療法が有効となるこれら尿漏れはこういった一手間、そして適切な体操で筋肉を鍛えるというところにあります。
他にも市販の薬なども販売されていますが、何も使わずともこれらのセルフケアで十分に改善できる例もありますのでご利用ください。
尿漏れに効く生薬も、膀胱の伸縮性を助ける効能が含まれていますので、尿漏れの種類によっては非常に有効な手段ともなります。
しかし、搾り出す一手間についてはその場にしっかり有効とはなりますが、体操で骨盤底筋を鍛える、生薬で膀胱の状態を正常に戻すなどは、しばらくの期間継続してこそ体感できる改善策となっています 継続した後の結果となりますので、その間全くケアが出来ていない状態にはできません。
体操も約3ヶ月続けてようやく尿漏れの改善が見られるので、その間尿漏れに悩まされながら仕事などに打ち込むわけにもいきません。
尿漏れ用パンツはこの期間内も快適に過ごせるようにしっかりとサポートしてくれます、外出にも不安感をもつことなく改善する期間を過ごすことができるでしょう。